断食ダイエット(ファスティング)の方法を解説

第2章 そもそもファスティングって何?

 

ここまで、当たり前のように「ファスティング」と言ってきましたが、
そもそもファスティングって何のことをいうのでしょう?

 

ネットで調べると、『ファスティング(断食)とは、食物をたつこと。
一定期間、すべての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為(出典「ウィペディア」)』とあります。

 

特に宗教的行為について説明する気はありませんが(笑)、
ここでいうファスティングとは、
「固形物を食べないことで胃腸をはじめとする内臓を休めて、
弱った体を回復する健康法のこと」としておきますね。

 

本格的なファスティング(3日間〜)は医師の管理のもとで行ったり、
断食道場などに滞在して行うのが普通ですが、
このレポートでは自宅のまま、安全に、しかも断食の効果を実感できる方法をお伝えしたいと思います。

 

ところで、第1章では、ファスティングの良い点をあげていましたが、もちろん悪いところもあります。

 

まず、本格的に行いたいと思ったら、時間&おがかかります。
よくある断食道場の6泊7日のファスティングを行うためには、
仕事も休まなければいけませんし、費用も7万〜15万程かかってしまいます。

 

さらに、やり方によっては、ファスティングの後に急激に太ったり(リバウンド)、
拒食症・過食症といった摂食障害になることも。

 

もちろん、正しいやり方で行えばそんなことはありませんので、
このレポートをしっかり読んで実践していきましょう!

 

このレポートでは、初心者向けの週末(2日間)でできる「週末ファスティング」をお伝えします。
この方法なら、仕事を休まずに行えますし、安全 に、しかも 安価 で行えます!

 

もちろん、ファスティングの効果も実感 できますよ。

 

まずは、週末ファスティングを試してみて、
さらに本格的にやってみたい方は期間を延ばしていくのがよいかと思います。

 

個人的には2、3月に一度、週末ファスティングを行えば、
体調は十分維持できると感じていますけど。

 

 

ファスティングは通常、準備期間、絶食期間、復食期間の3つの期間に分かれています。
それぞれの期間で注意すべきことがありますので、
「第3章 どうやってファスティングを行うの?」で詳しく解説していきます。

 

 

 

・・・・・・その前に、ファスティングには、行うのを避けたほうがいい期間があります。
せっかく行う以上、最大限の効果を得たいですよね。

 

 

下にファスティングを避けるべき期間を書きますので、こちらを確認してから第3章へと進みましょう!

 

避けるべき期間
・風邪などで体調が悪いとき
・薬を飲んでいるとき
・生理中

 

 

 

 

 

 

第3章 どうやってファスティングを行うの? はこちら

 

 

完全版レポートはこちら(別枠でPDFが開きます。)



 
優光泉